格安スマホ

【契約するなら絶対ココ!】~厳選おすすめMVNO~[1/5更新]

更新日:

MVNO(格安スマホ)に乗り換えようと思っても、多くの会社がありすぎてどこで契約すればいいか困っていませんか。
そんな方に必見!ここで契約すれば間違いなし!
おすすめMVNOを、ポイントとともに解説していきます。

MVNOとは

MVNOとは、キャリア(au,docomo.softbank)の回線を借りて、通信サービスを提供している事業者のことです。
そのため、MVNOを契約の際には、回線を何系にするのか選びます。
タイプA(au回線)、タイプD(docomo回線)、タイプS(softbank回線)など頭文字で略して表記されることもあります。

MVNOのメリット

携帯の月額料金を大幅に安くすることができる
・優れた端末が安く購入する事ができる
・契約プランの内容の種類が多く、より自分に合ったプランを見つける事ができる
ポイントや特典などが豊富で、料金以外の面でも得がある
webで申し込みが出来るため、時間を気にせずいつでも契約できる

MVNOのデメリット

・適当に契約すると、不便になることがある
・契約から手元に届くまで少し時間がかかる(3日~1週間程度)
初期設定を自分でしなければいけない
最新iPhoneなどは自分で購入しなければ端末セットでは扱っていない

MVNOを解説

MVNOは、とにかく携帯料金を安くできる!

MVNOはまず基本料金が安いです。そのため、基本料金を安くすることができます。
さらに、MVNOは競争が激しいので、キャンペーンでの値下げや特典も多くあります。
MVNOに乗り換えの時には、通常料金だけでなくキャンペーンなどでどれだけ値下げや得するのかも気にしましょう。

いいとこ取りで、自分に合った契約プランに!

MVNOのプランは会社によって、契約内容も異なるところも多いです。
キャリアのプラン内容も違いはありますが、MVNOの契約プランはさらに違いがあります。
また、通信速度の面でもキャリアならば速さがそれなりにあるので気にする人も少なかったかもしれません。
しかしMVNOでは、通信速度も気をつけないと遅いと感じる事もあります。
自分がスマホを利用していくなかで、何が重要で何がいらないかを知る必要はありますが、その分いらない部分をカットして自分に合ったプランと契約することができます。

webから契約可能!店舗への来店不要!

MVNOの最大の魅力の1つは、店舗への来店が不要なことだと思います。
携帯を契約するために店舗にいっても人が多くて長時間またされたり、予約をとる必要があったりという経験はありませんか?
MVNOはwebから申し込みして、自宅に端末もSIMも届けられるので来店の必要がありません。
申し込みの際には、運転免許証などの身分証明書とクレジットカードが必要になります。

wifiルーターと併せて契約もオトク!

MVNOを取り扱っているところの多くで、光ネットや持ち歩きwifiルーターを貸し出ししているところが多いです。
そのため、同時に契約することで月額料金が値引きされたり、現金キャッシュバックなどの特典がつくところもあります。
自宅のwifiやwifiルーターの契約を検討している方は、こちらもチェックしてみてください。

端末はコスパ抜群!

MVNOでは、SIMだけでなく端末セットを販売しているところもあります。
販売している端末には、旧型iPhone(iPhone 6sなど)やHUAWEIなど幅広く扱っています。
そして、価格もかなり安いです。安いからといって品質が悪いわけではありません。
この値段でこんないいスマホがあるのかと驚くようなコスパの良さです。
iPhoneも最新ではない分、安く契約できます。

実際にMVNOを利用してみた感想

私個人の感想にはなりますが、MVNOを利用してみて、実際に感じたことなどを紹介したいと思います。

MVNOとキャリアの違い

MVNOに乗り換えを考えている方で、一番気になるのは、やはりキャリアとの違いではないでしょうか。
実際に利用してみて、キャリアとの違いを感じる事はほとんどありません。
稀に通信が繋がりにくいような気がする事もありますが、MVNOに変えたせいで遅くなった!と思う事はありません。

ここが大変だった!

MVNOに乗り換える上で、一番大変だと思ったのは、初期設定です。
新規での契約では、SIMを挿入するだけで簡単に使えました。
しかし、MNP転換(番号をそのままで乗り換える方法)で乗り換えた時は少々手こずりました。
この時はiPhoneを使用していて、SoftbankからLINEモバイルのsoftbank回線に乗り換えました。
つまり、SIMロック解除はしていません。それでも少し手こずりました。
乗り換えの流れとしてはこんな感じです。

step
1
softbankにMNP転出の問い合わせ

まずは、今の電話番号をそのまま使うために、MNP転出するための予約番号を取得する必要があります。
ソフトバンクのサポートセンターに電話して、MNP転出したい旨を伝えると予約番号がSMS(ショートメッセージ)で届きます。
MNP予約番号の取得は、携帯の利用者ではなく、契約者本人が電話もしくは一緒にいる必要があります。
これはdocomo,auでも同じような流れになります。
ソフトバンクのMNP予約番号の取得方法
auのMNP予約番号の取得方法
docomoのMNP予約番号の取得方法

step
2
LINEモバイルに申し込み

MNP予約番号を取得したら、次は申し込みです。
申し込みでは氏名、住所などの契約者の情報の他に、支払いに使うクレジットカードの情報の入力や本人確認書類の送信もあります。
電話番号をそのままで乗り換える人は、この申し込みの際にMNP予約番号を入力します。
申し込みに不備がなければ、審査は簡単に通るはずです。
審査が通れば、あとはSIMが家に届くのを待ちます。
※基本的に未成年者が、契約者になることはできません

step
3
SIMが届いたら、初期設定

※初期設定はwifiの環境があるところでする必要があります
自宅にSIMが届いたら、まずはiPhoneのSIMを入れ替えます。
SIMを入れたらSIMと一緒に届いた説明書にあるQRコードを読み取り、iPhoneをsoftbank仕様からLINEモバイル仕様に変更します。
正確には、LINEモバイルの端末として動作するようにプロファイルをダウンロードします。
説明書のQRコードを読み取って流れにそっていけば簡単にできます。
このプロファイルをダウンロードすると、softbankのSIMでは使えなくなります。
プロファイルを削除すると、再びsoftbankのSIMで使えるようになります。
LINEモバイルの利用開始をするとSoftbankとの契約が自動で解除されるため、softbankのSIMカードは使えなくなります

step
4
LINEモバイルを使用開始にする

手こずったのは、この行程です。
説明書をしっかり読まない自分が悪いのですが、プロファイルをダウンロードすれば使えるものだと思ってました。
しかし、データ通信ができていない、、、
調べてみると、LINEのMypageにいって使用開始のボタンを押してから、実際に使用できるようになるみたいでした。
番号をそのままで使用するには、初期設定のような行程を2回踏まなければいけないみたいです。
これもやる手順としては説明書に沿って行っていけば、とても簡単な作業です。
ただ、私のように説明書をちゃんと読まない人はこの手順を行わずに利用できないと思ってしまう事もあるので気をつけてください。

注意ポイント

LINEモバイルでは、利用開始にする必要はありましたが、他社ではない場合もあります。
MVNOを扱う会社によって、違うようなので、説明書を確認してから手続きをしましょう。

おすすめMVNO紹介

おすすめMVNO比較表

イチオシMVNO プラン内容ごとの比較表

目安の基本料金 推奨したい年齢 取り扱い回線 通信速度 パケット最大容量 通話プラン 機種ラインナップ キャンペーン(特典) SNS 動画 家族、複数回線
BIGLOBE 2,500円 20~40代 docomo/au 30GB
LINEモバイル 2,800円 10代~20代 docomo/Softbank 10GB
楽天モバイル 3,000円~ 20~40代 docomo/au 30GB
IIJmio 2,500円 30~50代 docomo/au 12GB
UQモバイル 3,000円 30~50代 au 21GB(キャンペーン期間)

◎>>>◯>>△
基本料金の目安・・・最も選ばれているプランの契約時の料金の目安
(端末補償や無料通話等の追加オプションも考慮した料金設定)
推奨したい年齢・・・利用する事で料金がさらに安くなると思われる年代
取り扱い回線・・・契約できるキャリア回線
通信速度・・・通信速度の速さを比較、動画やアプリダウンロードなどに影響してくる
パケット最大容量・・・契約できる最大の通信容量、別途追加チャージは可能
通話プラン・・・通話プランの料金、使いやすさ等を比較
機種ラインナップ・・・扱っている端末の種類を比較
キャンペーン(特典)・・・キャンペーンの内容(値引き額など)や開催頻度を比較
SNS・・・SNSを利用するのに向いているか(データ消費や表示速度など)を比較
動画・・・動画を視聴するのに向いているか(データ消費や表示速度など)を比較
家族、複数回線・・・家族での契約や2台持ちなどの複数端末契約に向いているかを比較

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルのここがオススメ!

BIGLOBEモバイルのここがオススメ!

  • エンタメフリーオプションが凄い!
  • 使いすぎてから加入できる通話オプション
  • 複数契約なら短期利用でも長期利用でも安くなる!
  • キャンペーンが豊富

BIGLOBEモバイルの料金プラン

BIGLOBEモバイル料金プラン

音声SIM SMS付きデータSIM データSIM
1ギガ
音声通話スタートプラン
1,400円 - -
3ギガプラン 1,600円 1,020円 900円
6ギガプラン 2,150円 1,570円 1,450円
12ギガプラン 3,400円 2,820円 2,700円
20ギガプラン 5,200円 4,620円 4,500円
30ギガプラン 7,450円 6,870円 6,750円

追加オプション料金

料金 内容
留守番電話 290円/月 留守番電話使用可能
迷惑電話フィルター 300円/月 迷惑電話等を自動拒否
割り込み通話 200円/月 通話時に他からの通話が合った場合に通知
端末補償 380円/月~ BIGLOBEモバイルでの購入端末の補償
SIM補償 500円/月 BIGLOBEモバイル以外での購入端末の補償
エンタメフリー 480円/月~ YouTube等の動画や音楽アプリが使い放題
通話オプション 600円/月~ 複数プランあり、詳細下記

エンタメフリーオプションが凄い!

BIGLOBEは、月額480円/月でyoutubeなどの動画や音楽が使い放題に!
エンタメフリーオプションでは、下記のサービスがパケット消費なしで利用することができます。
エンタメフリーサービス一覧
なんといっても、注目はYouTubeでしょう。
今では、誰もが知っている動画サイトのYouTubeが月額480円でどれだけでも見放題になるのは、他ではないサービスです。
通信速度も普通画質で見る分には、安定しているのでYouTubeを安くたくさん見たい人にはオススメです!

ポイント

YouTubeが見放題になるプランは
音声SIMの場合でも基本料金含めて、月額2,080円〜
さらに今なら最初の6ヶ月間、月額880円〜

使いすぎてから加入できる通話オプション

実は、あまり知られていないのですがBIGLOBEモバイルは通話オプションがとっても有能なんです。
本来、どこの会社も無料通話オプションは事前に加入しておくことで適用になります。
あまり通話を使わないという人は無料通話オプションに加入しない人も少なくありません。
そのため、いざ通話を使いすぎてしまったという時に通話料が高くなることも。
しかし、BIGLOBEなら使いすぎてしまったと思ったら、そのときに無料通話オプションを申し込めばその月全体が無料通話オプションの対象になります!
10月に合計60分通話してしまった場合、通常なら通話料1,080円ですが、、、
10月中に通話オプション60に申し込めば、通話料を600円に抑える事が出来るんです!

ココがおすすめ

通話しすぎた後に、通話オプションに申し込んでも無料通話分が適用される!

選べる通話オプション内容

通話時間 月額料金
3分かけ放題 1回3分以内、回数無制限 600円
10分かけ放題 1回10分以内、回数無制限 830円
通話パック60 月間総通話時間60分以内 600円
通話パック90 月間総通話時間90分以内 830円

複数契約なら短期でも長期でもオトクに!

BIGLOBEモバイルには、シェアSIMというものがあります。
シェアSIMとは、主契約者の通信容量をシェアするプランで2回線目以降のSIMを月額200円〜と、さらに安く契約することができるのです。
シェアSIM
シェアSIMでも、通常のSIM同様にデータSIM、SMS付きデータSIM、音声通話SIMから選ぶ事が可能です。
上記の図のように契約した場合、1端末あたり3GB使えて月額の総額は5,520円です。
別々で契約した場合は、月額の総額が5,820円になります。
1年間で約4000円近くオトクになります!

注意ポイント

シェアSIM契約では、新規契約特典が受けられない
エンタメフリー等の追加オプションはSIMごとに加入しなければならない

現在、SIM新規契約の特典総額が7,200円です。
そのため、シェアSIMを契約するならば2年以上利用しなければ逆に損する事になります。

ポイント

短期で契約するなら、SIMごとに契約して特典を受けるのがオトク!
長期での契約を考えているならば、シェアSIMがオトク!
1人でデータ通信用で2台目を持つ場合も、シェアSIMがオトク!

キャンペーンが豊富

BIGLOBEモバイルはキャンペーンが多いです!
さらに他MVNOよりもオトクになる特典が豊富です。

ポイント

  • 端末同時購入で最大22,794円値引き
  • SIMのみの契約でも最初の6ヶ月間、月額400円から利用可能!
  • 初期費用3,394円が今なら無料に!
  • 光回線とセットで月額最大500円安くなる

BIGLOBEについて詳しくはコチラ!

LINEモバイル

LINEモバイルのここがオススメ!

LINEモバイルのここがオススメ!

  • SNSが使い放題!
  • 通信速度が速い!
  • 数少ないsoftbank回線の取り扱い
  • 月額利用料が300円〜

LINEモバイルの料金プラン

LINEモバイル料金プラン

音声SIM SMS付きデータSIM データSIM
LINEフリープラン
1GB
1,200円 620円 500円
CFプラン
3GBプラン
1,690円 1,110円 -
CFプラン
5GBプラン
2,220円 1,640円 -
CFプラン
7GBプラン
2,880円 2,300円 -
CFプラン
10ギガプラン
3,230円 2,640円 -
M+プラン
3GB
2,390円 1,810円 -
M+プラン
5GB
2,720円 2,140円 -
M+プラン
7GB
3,280円 2,700円 -
M+プラン
10GB
3,520円 2,940円 -

※CFプラン・・・コミュニケーションフリープラン
LINE,Instagram,Twitter,Facabookを基本的にパケット消費なしで利用可能。
※M+プラン・・・MUSIC+プラン
コミュニケーションフリープランに加え、LINE MUSICもパケット消費なしで利用可能。

SNSが使い放題!

LINEモバイルは、LINE,Instagram,Twitter,Facebookの主要SNSが使い放題となります。
使い放題とは、利用してもパケット消費にカウントされないということです。
主要SNSをどれだけ使っても通信制限がかかる事はありません。
通信制限がかかっていても、主要SNSは通信制限の対象とはならないので、いつも通り利用する事ができます。
LINEならば、ビデオ通話は対象にはなりませんが、画像や動画の送信、音声通話等は対象となります。
InstagramやTwitter,Facebookでも投稿やタイムラインの視聴、ダイレクトメッセージのやり取りなど基本的な機能は全て対象となります。
通信速度による表示速度などに不安がある方もいるかもしれませんが、現在、Softbank回線で遅いと感じた事はありません。

通信速度が速い!

LINEモバイルは、他のMVNOと比べても通信速度がかなり速いです。
docomo回線、softbank回線ともに速いです。
特にsoftbank回線は速いのですが、その速度を謳ったキャンペーンをする程速いです。
格安スマホ最速チャレンジというキャンペーンを行っていて、1Mbpsを月に1度でも下回った場合は、翌月に利用者全員に1GBをプレゼントというキャンペーンをしています。
成功した場合でも、抽選で何名かに豪華景品が当たるそうなのでこちらも魅力の1つです。

数少ないsoftbank回線の取り扱い

現在、MVNOでsoftbank回線を取り扱っているところはとても少ないです。
契約者数の多いところでは、LINEモバイルの他に、Y!モバイル(softbankのサブキャリア)、mineoぐらいです。
softbank回線にするメリットとしては、softbankからの乗り換えでもSIMロック解除が不要であること。
softbank回線が繋がるエリアでスマホが使えること。
そして、利用者が少ない分、通信速度も安定しやすいということです。
SIMロック解除は意外に面倒なことが多いです。
そのため、softbankからの乗り換えの人には是非オススメです。
また、MVNOの通信速度に不安がある人も、少しでも通信速度を安定させたい場合はsoftbank回線を選ぶ事で多少の通信回線の混雑を避けることが出来るでしょう。

月額利用料が300円〜

LINEが現在行っているキャンペーンの1つで、3ヶ月間、利用料が1,390円値引きされます。
コミュニケーションフリープランの3GBなら、月額300円で利用することができます!

楽天モバイル

楽天モバイルのここがオススメ!

楽天モバイルのここがオススメ!

  • データも通話も使い放題のスーパーホーダイ
  • 楽天サービス内での高還元
  • 2回線目からの契約がオトク!
  • 第4のキャリアとしての、独自回線スタート

楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルには、組み合わせ料金プランの他に、データも通話も使い放題のスーパーホーダイの2つのプランがあります。
スーパーホーダイでは、通信容量を使い切ってしまい、通信制限がかかっても、最大1Mbpsで通信する事ができます。
1Mbpsがあれば、動画を見る事も可能です。
また1回10分以内なら何回でも通話かけ放題!
楽天モバイルにするなら、スーパーホーダイがオススメです。

楽天モバイル 組み合わせ料金プラン(ドコモ/au回線)

通話SIM 050データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
ベーシックプラン 1,250円 645円 525円
3.1GBプラン 1,600円 1,020円 900円
5GBプラン 2,150円 1,570円 1,450円
10GBプラン 2,960円 2,380円 2,260円
20GBプラン 4,750円 4,170円 4,050円
30GBプラン 6,150円 5,520円 5,450円

楽天モバイル スーパーホーダイ料金プラン(ドコモ回線)

プラン名 最低利用期間 ダイヤモンド会員 楽天会員 楽天会員でない方
1年目・対象月のみ 1~2年目 1~2年目
プランS/2GB
月額基本料:2,980円
3年 980円 1,480円 1,980円
2年 1,480円 1,980円 2,480円
1年 1,980円 2,480円 2,980円
プランM/6GB
月額基本料:3,980円
3年 1,980円 2,480円 2,980円
2年 2,480円 2,980円 3,480円
1年 2,980円 3,480円 3,980円
プランL/12GB
月額基本料:5,980円
3年 3,980円 4,480円 4,980円
2年 4,480円 4,980円 5,480円
1年 4,980円 5,480円 5,980円
プランLL/24GB
月額基本料:6,980円
3年 4,980円 5,480円 5,980円
2年 5,480円 5,980円 6,480円
1年 5,980円 6,480円 6,980円

※楽天スーパーホーダイの場合、3年目以降は月額基本料金になってしまいます。割引特典期間は2年間のため、最低利用期間を3年で契約される方は注意が必要です。

データも通話も使い放題のスーパーホーダイ

楽天モバイルには、スーパーホーダイというプランがあります。
こちらのプランでは、1回10分以内なら何度でも通話かけ放題の無料通話とデータ使い放題がつきます。
データ使い放題といっても、高速通信できるデータ容量は決まっています。
しかし、データ容量を使い切って、通信制限がかかったとしても、最大1Mbpsでの通信が可能なのです。
1Mbpsあれば、動画の視聴も可能なほどの速さです。
SNSやウェブサイトの閲覧、マップの表示などもストレス無く可能です。
通信が混雑する時間帯は、最大300kbpsとなります
また、高速データ通信のON/OFFで切り替えが可能です。
そのため、普段は高速データ通信をOFFの状態で利用することで、パケットの消費をせずに利用できます。
混雑する時間帯に利用する場合だけ、高速データ通信をONにすることで、普段もストレス無く利用できるようになるでしょう。

ポイント

高速データ通信のON/OFFを利用することで、パケットの消費を抑えられる。
少ないデータ容量の契約でも、動画がたくさん見ることができる。

楽天サービス内での高還元

楽天には、楽天ポイントがあります。
この楽天ポイントは元々還元率が利用料の1%ととても還元率が高く、契約で1000ポイント付与などのキャンペーンも行っています。
また、楽天モバイル契約時に、楽天会員であれば、月額利用料金も安くなります。
契約前に、楽天会員の登録も可能で、無料かつ即座に会員になることが可能です。
支払いを、楽天カード(クレジットカード)にすることで、ポイントも貯まりやすく楽天のサービス内で利用することが可能です。
楽天モバイルを契約する際には、支払い方法を楽天カードにすることをオススメします。

2回線目からの契約がオトク!

楽天モバイルでは、紹介キャンペーンがとてもオトクです。
2回線目以降の契約で、新しく契約した2回線目以降の月額利用料が3ヶ月間無料+5,000円のキャッシュバック!
通話SIM限定ではありますが、2回線目以降であれば何台でも可能です。
データSIMのみの契約でも、月額利用料が3ヶ月間無料になります。
データSIM契約で特典を受けた場合、次回の契約が通話SIMであっても紹介の対象ではなくなります
家族で一緒に契約の場合でも、端末が手元に届く時期がずれますが、紹介キャンペーン適用となるので、とてもオトクに契約できます!
さらに、月額100円でデータ容量のシェアも可能になります。
データ容量をあまり使わないという親御さんでも、子供にシェアする事で無駄なく利用できます。

第4のキャリアとしての、独自回線スタート

楽天モバイルは、第4のキャリアとして通信産業に介入することを最近発表しました。
第4のキャリアとなることに何のメリットがあるのかを紹介していきたいと思います。
キャリアとなる最大のメリットは、独自回線をもつことです。
MVNOでは、大手キャリアの回線を貸りることで、通信サービスの提供を行っています。
そのため、利用できる回線はキャリアの回線の一部ということになります。
これが、キャリアに比べると通信速度が遅かったり混雑時に繋がりにくくなる原因です。
キャリアとして確立し、独自の回線を持つ事で、通信速度の向上や安定が期待できます。
現在のMVNOの状態からキャリアとして独立した際の、利用者への還元も考えられます。
しかし、原段階では2020年10月に主要都市での独自回線開通が予定のため、キャリアとして独立するにはかなり時間がかかりそうです。

IIJmio

IIJmioのここがオススメ!

IIJmioのここがオススメ!

  • 契約でAmazonギフト券がもらえる
  • 通信品質がいい
  • 取り扱い端末が豊富

IIJmioの料金プラン

IIJmioのタイプD料金プラン

データ容量 音声通話SIM SMS付きデータSIM
(タイプD)
SMS付きデータSIM
(タイプA)
データ通信専用SIM
ミニマムスタートプラン 3GB 1,600円 1,040円 900円 900円
ライトスタートプラン 6GB 2,220円 1,660円 1,520円 1,520円
ファミリーシェアプラン 12GB 3,260円 2,700円 2,560円 2,560円

※SMS付きデータSIMのみ、タイプD(docomo回線)とタイプA(au回線)で料金差あり。

契約でAmazonギフト券がもらえる

IIJmioでは、端末と音声SIMのセットを契約することで、最大10,000円分のAmazonギフト券がもらえます。
他MVNOでは、独自のポイントや月額値引きなども多いので、Amazonギフト券での還元は希少です。
また、キャッシュバックの額としても、決して少なくないので、その分オトクにもなります。

通信品質がいい

IIJmioは、ユーザーからの通信速度に対する満足度が高いです。
その理由としては、ユーザーが増えても、比較的速い通信速度を維持しているからです。
ユーザーが増えれば、その分通信速度が落ちますが、IIJmioでは、ユーザーが増えた分、通信帯域の増強を行っているため、高い通信品質を保っています。
今後も高い通信品質を保つために、ユーザーが増えれば通信帯域の増強を行うと考えられます。
通信速度や安定した通信を求める人にはIIJmioはオススメです。

取り扱い端末が豊富

IIJmioは扱っている端末が多く、他MVNOではあまり取り扱っていないOPPO端末なども取り扱っています。
OPPOは、取り扱いが少ないものの世界的にも人気が高まりつつある端末です。
値段はそれなりにしますが、機能面や画質、防水などとても優れた端末です。
他にも、iPhone,HUAWEI,AQUOS(SHARP),motorola,Zenfone(ASUS)など幅広く扱っています。

IIJmioの詳細はコチラ!

UQモバイル

UQモバイルのここがオススメ!

ココがおすすめ

当サイト限定、UQモバイル契約で現金キャッシュバック!
最大13,000円!

UQモバイルのここがオススメ!

  • 通信速度がはやい!
  • 実店舗が多く、サービスが充実!
  • 無料通話オプションが標準でつく

UQモバイルの料金プラン

UQモバイルには、無料通話が標準でついていますが、この無料通話タイプを選ぶ事が出来ます。
1回5分以内の通話が何回でもかけ放題のおしゃべりプラン。
月間での合計通話時間が60~180分無料になるぴったりプラン。
この2つから自分にあった無料通話プランを選ぶ事ができます。
また月ごとに無料で変更することが出来るので、合わない場合でも変更が可能です。

おしゃべりプラン料金

 

データ容量 月額料金
プランS 3GB 1,980円
プランM 9GB 2,980円
プランL 21GB 4,980円

ぴったりプラン料金

データ容量 月間通話時間 月額料金
プランS 3GB 最大60分 1,980円
プランM 9GB 最大120分 2,980円
プランL 21GB 最大180分 4,980円

両プランともに、14ヶ月以降は料金が+1000円になります

通信速度がはやい!

UQモバイルは、auのサブキャリアということもあり通信速度が速いです。
MVNOでは、間違いなくトップクラスです。
通信速度を求める人にはオススメです。

実店舗が多く、サービスが充実!

UQモバイルは、サービスが充実していて、顧客満足が高いです。
実店舗が多く存在するため、困ったときに店舗で直接相談する事もできます。
他MVNOでは、店舗が少ないので問い合わせには、メールや電話をする必要があります。
スマホの事で困ることが多い場合は、実店舗があることは非常に強みになります。

無料通話オプションが標準でつく

UQモバイルでは、基本料金だけで無料通話がついています。
この無料通話も「月間の総通話時間」、もしくは「1回5分以内の回数無制限の無料通話」かが選べます。
もともとの基本料金は高めですが、無料通話分を考慮すると妥当ではあります。
月にある程度通話をする人には、サービス面も充実しているためオススメです。

UQモバイルの詳細はコチラ!

当サイトから申し込みで、
現金13,000円キャッシュバック!!

UQ mobile 【ALL CONNECT】

UQモバイルについて詳しくはコチラ

UQモバイル


-格安スマホ

Copyright© スマホジェニック , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.