格安スマホ

【スマホジェニックおすすめ!】格安sim完全ガイド

更新日:

利用者も増えてきて、認知度も上がってきた格安simですがキャリアを利用している人はまだまだ多いです。そこで今回はキャリアから乗り換える方に向けたスマホジェニック流の格安simの乗り換えのメリットや注意点からおすすめ会社まで紹介していきたいと思います。

格安simとは

格安simとは、その名のとおり格安で携帯の通信サービスが利用できるsimのことです。キャリアでは、基本料金が高いので必然的にスマホ料金が高くなってしまいますが、格安simとは基本料金が安く月額もキャリアの半分以下に抑えることができるのです。人によっては年間10万円以上安くなる人もいるので、何も知らないのは損です。

格安simが安い仕組み

格安simが安い理由は、通信環境をキャリアから借りてサービスを提供しているからです。そのため、アンテナの設置や整備費用などがかかりません。また、契約のほとんどがネット申し込みからなので、店舗なども少ないことから人件費もキャリアほどかかりません。そのため、キャリアよりも安い料金でサービスを提供できているのです。

キャリアとの違い

キャリアから格安simに乗り換える場合の注意点にもなりますが、違いを先に紹介しておきたいと思います。
まず、キャリアメールが使えなくなります。〇〇@docomo.ne.jpなどのキャリアから支給されているメールアドレスが使えなくなるのでYahoo!やGoogleなどのフリーメールでアドレスを取得して使わなければなりません。
次に、通信品質です。キャリアの通信環境を借りて利用しているので、通信速度が落ちます。通信速度の落ちる度合いは格安simを扱う会社によって変わってきますが、格安simを選ぶポイントの1つにはなるでしょう。当ブログでは、ストレスなく利用できる通信速度の会社を選んで紹介しています。

格安simはネガティブな印象が強い?

格安simのイメージとして「通信速度が遅くてまともに使えない」、「安いから性能が悪い」などの印象はありませんか。
これは、あまり性能の良くない格安simを使っている人の否定的な意見が目立つため、ネガティブなイメージを持つ人も多いのかと思います。

性能が良くない格安simを選んでしまう理由は、家電量販店などでの営業やCMなどで決めてしまう事が原因だと考えられます。
CMや営業などの言うことだけを鵜呑みにしてしまうと、その会社のsimの悪い点などに気づかないまま契約してしまいがちです。
そして実際に利用してみると通信速度が遅くてまともに利用できないなんてことも起こりうるのです。
実際には、選ぶ会社さえしっかりと見極めれば、問題なく利用することも可能である。

現在、格安simを取り扱う事業者は500社以上と言われています。通信品質や利用満足度などサポート面に力を入れているところもありますが、広告やCMなどの宣伝にばかり力を入れていてサポート面はあまり充実していないところなどもあります。
数が多いからこそ、競争も激しいため、宣伝に力を入れるのは当然ではあります、しかし、その中でサポート面などが整備されているかにしっかりと目を向ける必要があります。

また、営業ではそのsimのデメリットがはっきり分からない可能性があることを述べましたが、店舗での契約はその場で乗り換えができたり面倒な手続きを店員の人がやってくれるというメリットもあります。その分、その場での契約を迫られるかと思います。
ネットからの申し込みは、これらの手続きを自分でする必要はありますが、メリットデメリットを調べて、それを踏まえた上でゆっくり考える時間があります。
さらに、ネット申し込み限定の特典などもあるため、個人的にはネットからの申し込みをオススメします。

キャリアから格安simへの乗り換え

乗り換えのメリット

格安simへの乗り換えのメリットは、なんといっても安くなることです。人によって大小はありますが、ほとんどの人が半額以下になるのではないでしょうか。
キャリアの平均料金は7000円程度です。格安simに乗り換えると利用料金は3000円程度に抑えることができます。
具体的に比較するために、docomoとLINEモバイルを比較したいと思います。料金プランはどちらもパケット3GBで契約した場合を想定します。
docomoの場合、基本料金980円(2年契約)とパケット利用料金(3GB)4,000円かかるため合計で4,980円かかります。ここにさらにオプション料金や通話かけ放題などを追加していくと10,000円を超えるなんてこともあるかと思います。とくに動画などを見る人はパケットをよく使うと思うので、それだけでかなりの料金がかさむのではないでしょうか。
次にLINEモバイルの場合、月額の基本料金はパケット利用料金(3GB)を含めて1,690円です。さらに、LINEモバイルの場合は、この料金でSNSが使い放題になります。10分のかけ放題と端末保証などをつけても3,000円程度です。

次のメリットとして、自宅で申し込み、契約、利用開始できることです。キャリアでの契約の場合は、通常店舗に行って手続きをして契約するのが通常かと思います。この時、何時間も待たされた経験などはありませんか?もしくは予約が必要と断られたことがある方もいるのではないでしょうか。
格安simではわざわざ店舗まで行く必要も無駄に待たされることもありません。しかし、注意点として申し込みをしてからsimが家に届くまでに3日~1週間程度かかるのでその日に利用開始はできません。

また、他のメリットとして月々支払いに対してポイントがついたり、ネット回線(光回線など)を同時に契約することで割引が適用されるなどのメリットもあります。
ソフトバンクなどのキャリアでも支払いに対してポイントがつくことはあったと思いますが、格安simでは会社によってはこのポイントがとても使いやすいものもあります。例えばLINEモバイルなら、LINEショッピングや支払いの利用だけでなく、LINEスタンプなどの購入にも利用できます。楽天モバイルでも、楽天市場での買い物に利用できたりとおトクです。

実はすごい!格安simの優れた追加オプション

格安simでは、基本料金の他に注目したいポイントがあります。それが追加オプションです。これは、基本料金に含まれて利用できるものから別料金ではありますが月額を支払うことで利用できるようになるものなど多くあります。
その内容は、会社によって大きくことなっているので、選ぶポイントの1つとして着目しておくべきだと思います。
そんな追加オプションでもオススメなものを紹介したいと思います。

YouTubeが見放題になるBIGLIBEモバイル

BIGLIBEモバイルにはエンタメフリーという月額480円(データsimの場合は980円)で、YouTubeをはじめとする対象のエンタメコンテンツが使い放題になるオプションがあります。使い放題とは、パケットの消費なしで利用ができる、かつ通信制限がかかってからも速度制限なしで利用できるということです。
主なコンテンツとしては、YouTube,AbemaTV,U-NEXT,YouTubeMusic,Apple Music,radicoなどがあります。また3月からの対象コンテンツにLINE MUSICとFacebookのメッセンジャーも追加となりました。今後もコンテンツの追加の可能性もありますし、月額480円でこれだけのコンテンツが使い放題になるのはかなりおトクだと思います。
使い放題といっても通信速度の問題で全然動画なんて見れないんじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、しっかり見れます!
BIGLOBEモバイルは、通信速度面でもおすすめできる格安simです。

主要なSNSが使い放題になるLINEモバイル

LINEモバイルの最大の特徴でもあるのが、通信容量3GB以上の契約で標準でSNSが使い放題となることです。主要なSNSとは、LINE(ライン),Instagram(インスタグラム),Twitter(ツイッター),Facebook(フェイスブック)が対象となります。LINEでは通話も使い放題の対象となります。(ビデオ通話は対象外)
Instagramなどは動画の利用もあるので、パケットの消費も意外と大きいです。ここでパケットの消費が抑えられるのもかなりのメリットになるかと思います。

どれだけでも電話かけ放題のY!モバイル

無制限の電話かけ放題があるのは、Y!モバイルだけです。格安simでは、通話かけ放題オプションを扱っている会社は多くありますが時間無制限はY!モバイルだけです。オプションの月額料金も1000円と安いので、スマホの利用用途が通話がほとんどという方には是非おすすめしたいです。基本料金と併せても2,980円です。さらに新規もしくはソフトバンク回線以外からの乗り換えの場合は、月額が400円割引になります。
通話が多いという方はチェックしてみてください。

パケット使い放題の楽天モバイル

楽天モバイルには、スーパーホーダイというプランがあります。このプランは通話1回10分以内かけ放題、パケット1Mbpsの速度で使い放題(※)になるプランです。1Mbpsとは動画をストレスなく見れるほどの通信速度なので、通常に使う分には問題ないかと思います。さらに月額が1,480円~ですので、かなりおトクです。
※最大300Kbpsとなる時間帯あり

格安simの注意点

格安simを取り扱う会社は今では500社以上存在します。その中には、通信速度が著しく遅いところも存在します。格安simを選ぶ上で、通信速度はかなり大きなポイントになるので、契約する前に自分の用途に必要なだけの通信速度があるのかどうかは確認しましょう。
通信速度の速さは、格安simを取り扱う会社がキャリアからどれだけの帯域をかりているかや利用者数に依存してきます。かりている帯域が大きく利用者が少ないほど通信速度が上がります。
通信速度の速さだけを求めるならば、大手会社の新しく開設された回線を選ぶと利用者が増えるまでは、通信速度の安定が見込めます。
また、ソフトバンク回線は格安sim自体で取り扱いが少なく、利用者も他の2回線と比較すると少ないのでオススメです。

また、同じ通信面での注意点として、繋がるエリアにも気をつけてください。格安simでは3G回線が使えません。そのため、繋がるエリアがキャリアに比べると若干狭くなるので気をつけましょう。また、繋がるエリアは選んだ回線と同じエリアになるので、ソフトバンク回線を選んだ場合はソフトバンクが繋がらないエリアではもちろん繋がりません。その点でも自分の生活地域などを踏まえて注意しましょう。

格安simでは、無料通話をつけることができる会社やもともとついている会社がありますが、その会社の専用の通話アプリを使いことが前提となっています。iPhoneで通話をする場合は、もともとの電話のアプリではなく専用アプリをダウンロードして、そのアプリを使って電話をかけなければなりません。
専用アプリを使わずに通話してしまい、通話料がかかってしまうなんてこともあるので、気をつけてください。

見落としやすい意外なデメリット

あまり大きくかかれていないので見落とされがちなのですが、初期費用やMNP転出など乗り換えには実は少し費用がかかります。初期費用は会社によってはキャンペーンなどで無料となるところもありますが、格安simの初期費用はsim発行費として3,000円程度かかります。またMNP転出の手数料としてキャリアからの乗り換えの場合は、5,000円~6,000円程度かかります。
そのため乗り換えには10,000円程度の費用がかかると思っておいた方がよいです。また、乗り換えのタイミングが更新期間ではない場合は解約料として9,500円も追加で徴収されます。
費用は10,000円程度かかりますが、その後も2年契約でキャリアを継続で使った場合と格安sim乗り換えた場合では、72,000円(※)の差額があります。乗り換えるメリットの方は大きいのではないでしょうか。
※キャリアの月額利用料金7,000円、格安simの月額利用料金4,000円として24ヶ月利用すると想定しての換算

格安simを選ぶポイント

格安simを選ぶ時に注意したいポイントは全部で3つです。
1つ目が通信速度です。自分がしたい用途を満足にできるだけの通信速度が確保されているかを確認します。
メール<漫画<動画<ゲームというように通信速度は用途によって必要な速度は違います。速すぎて困ることはありませんが、自分がしたいことに対して遅い場合はかなりのストレスになります。
次に、使用用途に合わせた使い放題などのプランがないかどうかを確認します。若い世代でSNSの利用が多いならLINEモバイルがおすすめですし。YouTubeをよく利用するならBIGLOBEモバイルがおすすめです。PUBGなどの通信容量を消費するゲームをするならパケットの大容量が安いプランがある会社を契約するべきです。(通信速度に要注意)
最後に、キャンペーンなどにも注目しましょう。LINEモバイルでは、最初の3ヶ月間月額利用料金が300円~などの大幅値引きのキャンペーンを開催しています。キャンペーンを出すときは、CMなど大きく宣伝しているため目につきやすいです。しかし他の会社と比べると他社の方が特典総額が大きいこともあります。キャンペーンから契約するときは、他社と比較してみるのも選ぶ基準の1つになります。

おすすめ格安sim

楽天モバイル

楽天モバイルは1,480円で通話もデータも使い放題

楽天にはスーパーホーダイというプランがあります。このプランでは、1回10分以内の通話ならかけ放題になり、さらにデータ通信も通信制限がかかった状態でも1Mbpsで使い放題となります。1Mbpsとは、動画がストレスなく見れるレベルです。
(通信制限時の12:00~13:00,18:00~19:00の時間帯のみ最大300kbpsとなります。)
高速通信のON/OFFを使えば、高速データ通信容量2MB(プランS)で1ヶ月間不自由なくスマホを使用することができます。

第4のキャリア

楽天モバイルは現在、第4のキャリアとして携帯キャリアへの参入が決定しています。現在アンテナ設置も進められていて、首都圏から順に通信環境が整っていきます。また、auとの業務提携をしているため楽天のアンテナが届いていないところではauの通信設備を借りる形でサービスを提供することになるでしょう。楽天がキャリアとなれば、低料金でさらに質の良いサービスの提供が期待できます。

楽天モバイルについて詳しくみる!

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは月額480円でYouTubeが見放題!

BIGLOBEモバイルの最大の魅力といえばYouTubeを含めた娯楽サービスが一部使い放題となるエンタメフリーオプションです。エンタメフリーオプションに加入すれば月額480円で高速データ通信容量に関係なくYouTubeを見ることができます。他にもAbemaTVやApple Musicなど様々なサービスがデータ消費なしで使えます。
通信速度も安定しているのでオススメです。

BIGLOBEについて詳しくみる!

LINEモバイル

LINEモバイルはSNSが使い放題!

LINEモバイルでは、LINE、Instgram、Twitter、Facabookがデータ消費なしで使い放題となります。いまや中高生から大人まで誰もが使っているLINEですが、通話(ビデオ通話は含まない)もデータ消費なしで利用できるのはお得かと思います。また、インスタグラムは画像や動画を読み込むため意外とデータ消費が大きいので、よくインスタを見る人はLINEモバイルにすれば通信制限の悩みも解決するかもしれません。

LINEモバイルについて詳しくみる!

UQモバイル

キャリアのように使えて料金が安くなる!

UQモバイルはキャリアであるauモバイルのサブキャリアであり、他の格安simと比較してもよりキャリアに近い性能を誇ります。通信速度だけでなく、キャリアメールがあることやショップの多さなどサポート面でもやはり充実しています。格安simに初めて乗り換えるけど失敗しそうで不安という方には、困った時に相談できるショップの多いUQモバイルはオススメです。

UQモバイルについて詳しくみる!

-格安スマホ

Copyright© スマホジェニック , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.