Wi-Fi どんなときもwifi

【CMで話題沸騰中】どんなときもwifiの評判は?(料金・速度・キャンペーン)

更新日:

2019年3月にサービスが開始された、「月に使えるデータ無制限」で大きな話題を呼んでいる「どんなときもWiFi」。

どんなときもWiFiはポケットWiFiの1つであり、ポケットWiFiの中では歴史が浅いサービスのため、利用するにはまだまだ不安な方も多いと思いますが、使い勝手は従来のモバイルWiFiよりも良いのは間違いありません。

CMなどで大きく宣伝されており、「どんなときもWiFi」を利用してみたいと検討している方も多いのではないでしょうか?

本記事では、「どんなときもWiFi」の基本情報から、メリット、料金、通信速度、キャンペーンなどを徹底解説します。ポケットWiFiの中でもかなり良いサービスなので、この記事を読んで是非契約してみてください。

「どんなときもWiFi」基本情報
事務手数料 3,000円
月額利用料 3,480円
端末代金 無料(※レンタル)
通信容量 無制限
契約期間 2年(自動更新)
契約違約金 0~12カ月/19,000円
13~24ヵ月/14,000円
26ヵ月目以降/9,500円
更新月/0円
支払い方法 クレジットカード/口座振替
/請求書払い
通信速度(下り) 最大150.0Mbps
通信速度(上り) 最大50Mbps
連続通信時間 約12時間
同時接続 最大5台
申込先 xxx(※提携後リンク貼り付け予定)

「どんなときもWiFi」とは?

「どんなときもWiFi」は一般的なポケットWiFiとは違い、「クラウドSIM」を使ったインターネット通信ができるため、通常のポケットWiFiは、WiMAXだったらWiMAXエリアのみ、ソフトバンクのポケットWiFiならソフトバンクのLTEエリアのみという感じで、どうしても圏外になる場所が決まっていることがなく、居場所によってクラウド上にある最適なSIMカード情報(ドコモの回線、auの回線、またはソフトバンクの回線)を引っ張るため、電波をキャッチしやすいというメリットがあります。

「どんなときもWiFi」は何が良いの?

「どんなときもWiFi」のメリットは次の5つです。

【ここがおすすめ】

  • 月に使えるデータ容量が無制限
  • トリプルキャリアの電波併用で、安定した通信品質と速度を提供
  • 料金プランは月額3,480円の1プランのみで分かりやすい
  • そのまま海外でも利用可能
  • 最短で申込みの翌日から利用可能

①月に使えるデータ容量が無制限

「どんなときもWiFi」で最も大きいメリットは、月に使えるデータ量が無制限であることです。

既存のWi-Fiルーターサービスでは、何らかのデータ容量制限が存在していました。

提供キャリア WiFiルーターでのデータ制限
ドコモ 月に2GB~30GBまで
au 月に7GBまで
ソフトバンク 月に7GBまで
WiMAX 3日間で10GBまで
ワイモバイル 3日間で10GBまで

通信制限の基準には、「月に使える総量」と「数日間に使える総量」の2種類があります。

基本的に、「データ使いたい放題」を唱っている他社のプランでも、数日間に使える総量の制限は必ずあります。

ところが「どんなときもWiFi」には、どちらの制限もありません。

つまり、言葉通りの意味で「データ使いたい放題」を提供しているのです。

②電波の範囲と質が抜群

大手キャリアの電波は、格安SIMに比べとても安定しているものです。

しかし一方で、キャリアごとに得意・不得意な地域や環境も存在します。

そのため、利用できるキャリアが1つしかない状態では、場所や環境によって通信環境が左右されてしまい、大事な場面で圏外になってしまう恐れも。

しかし、「どんなときもWiFi」なら、大手キャリアであるドコモ・au・ソフトバンク3社の電波(LTE回線)を併用することが可能です。

Wi-Fiルーターを利用する場所や環境に応じて、最適な電波を自動で掴むことができるため、通信の品質と速度が非常に安定しています。

つまり、サービスエリアが非常に広く、繋がりやすいLTE回線を3社分併用できるため、通信品質と速度の安定性は抜群です。

③2年定額のシンプルなプラン

プラン名 支払い方法 月額料金
(1~24ヵ月目)
月額料金
(25ヵ月目以降)
データ放題プラン クレジットカード払い 3,480円 3,980円
口座振替払い 3,980円 4,410円

プランは「データ放題プラン」の1種類のみで、月に使えるデータ量は無制限です。

料金の支払い方法は

・クレジットカード払い
・口座振替払い

の2種類ですが、お得なのはクレジットカード払いです。

1~24ヶ月目と25ヶ月目以降で料金は異なりますが、いずれの期間もクレジットカード払いの方が、500円ほど安くなります。

④「どんなときもWiFi」なら海外でも気軽に使える

Wi-Fiルーターを海外で利用する際は、基本的に空港でのレンタルが必要です。

また、海外利用のオプションにも加入する必要があるため、何かと面倒が付きまといます。

しかし、「どんなときもWiFi」なら、空港でのレンタルやオプション追加といった面倒な手続きは不要。

普段使っているWi-Fiルーターの設定を変えるだけで、海外でもインターネットを楽しむことができます。

ただし、使えるデータ量は国内とは異なり、高速通信ができるのは1日1GBまで。

1GBを超えると、384kbpsの低速通信に切り替わってしまうので、注意が必要です。

海外利用の料金は地域によって決まる

項目 1日の料金
利用国エリア1 1,280円
利用国エリア2 1,880円

エリア1:北米・ヨーロッパ・アジア・オセアニア
エリア2:中東・中米・南米・アフリカ

⑤申し込みから利用開始までが早い

自宅でインターネットを利用する場合、主な選択肢は「光回線」か「WiFiルーター」でしょう。

この2つを比較すると、WiFiルーターの圧倒的なメリットが「利用開始までの速さ」です。

申し込みから数日~1週間ほどで利用できるようになります。

ちなみに、光回線回線の場合は1ヶ月以上かかることもあります。

早くインターネットを始めたい方にとって、WiFiルーターはベストな選択と言えます。

申し込みは「どんなときもWiFi」の専用サイトから行います。

平日13時/土曜11時までに申し込みが受理されれば、端末はなんと即日発送。

端末を受け取ったら、あとは設定ガイドに従って簡単な設定をするだけで、インターネット環境ができあがります。

「どんなときもWiFi」の料金は安い?

「どんなときもWiFi」は、データ通信が容量制限という最大のメリットを持ちながら、最安クラスで利用することができます。

下の表は、WiMAXとY!mobileとの料金を比較した表です。

提供キャリア 料金
どんなときもWiFi 3,480円/月
WiMAX
(最安値のJPWiMAX)
実質 3,303円/月
Y!mobile
(ポケットWiFi大手)
実質 4,649円/月

WiMAX最安値のJPWiMAXと比較すると、月々わずかながら高くなってしまいますが、月々100円程度多く支払うだけで、通信容量が完全無制限になったり、品質の良い通信を体感できるので、その点を考慮するとかなりお得です。

「どんなときもWiFi」の使い勝手(速度・容量)は?

「どんなときもWiFi」を利用する最大のメリットは、データ通信が制限なしで利用できることです。

提供キャリア プラン 通信制限 制限後の速度
どんなときもWiFi 通常 なし なし
WiMAX 通常 7GB/月 128kbps
無制限 3日間で10GB 1Mbps
Y!mobile 通常 7GB/月 128Kbps
無制限 3日間で10GB 1Mbps
ソフトバンク 通常 7GB/月 128Kbps

WiMAXを始めとしたモバイルWiFiサービスは、通常のデータ通信量が制限されるプランだと月間7GBまでで、データ通信量が無制限のプランであっても3日間で10GB以上使えば少し速度が低下するという制限があります。

しかし、「どんなときもWiFi」であれば、基本的にこういった容量制限といったものがなく、その制限に伴い通信速度が低下してしまうということもありません。

そのため容量の大きなデータをやり取りしたり、高画質の動画を長時間見たり、オンラインゲームをよくする場合など、普段からよくデータを使うようなケースであれば、データ容量制限や速度制限を気にせずに利用することができます。

次に「どんなときもWiFi」と他のWiMAXの速度の比較します。下記の表を見ると分かるように圧倒的に「どんなときもWiFi」よりWiMAXのポケットWiFiのが速度が速いことが分かります。

提供キャリア 速度 機種名 プロバイダ
どんなときもWiFi 150Mbps U2s どんなときもWiFi
WiMAX 1,200Mbps w06 GMOとくとくBB

同じモバイル端末でNo1のWiMAXと比べると、速度はやや落ちますが、YoutubeでHD動画を観る程度なら問題ない数値(下り平均: 25.9Mbps、上り平均14.58Mbps)が出ているので、一般的なユーザーからするとWiMAXより、容量無制限の「どんなときもWiFi」の方が使い勝手がいいです。

「どんなときもWiFi」でお得なキャンペーンは実施中?

「どんなときもWiFI」では、支払い方法(クレジットカード払い、口座振替払い)に応じたキャンペーンを実施しています。

●クレジットカード支払いの場合
2年間月額料金が毎月930円値引きされます。また、2年目以降も月額料金が毎月430円値引きされます。

●口座振替支払いの場合
2年間月額料金が毎月430円値引きされます。ただし、口座振替支払いの場合、2年目以降値引きがありません。

支払い方法 1~24ヵ月目 25ヵ月目以降
クレジットカード 3,480円/月 3,980円/月
口座振替 3,980円/月 4,410円/月

※契約した月は、【クレジットの場合】3,490円の日割り、【口座振替の場合】3,980円の日割り

どちらの支払い方法でもキャンペーンを実施していますが、クレジットカード支払いの方が口座振替支払いと比較して2年間で12,000円お得に使うことができます。

まとめ|「どんなときもWiFi」一択

ここまで、「どんなときもWiFi」のサービスについて、料金プラン、海外WiFi利用まで、他のポケットWiFiと比較して見てまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

「どんなときもWiFi」は何といっても、docomo,au,softbankの3大キャリアの回線が使い放題で、「完全無制限となっている」です。そのため、とにかく無制限でお得に使いたいという方は「どんなときもWiFi」が一択でおすすめと言えるでしょう。

さらに、他にも下記のようなメリットがありました。

【ここがおすすめ】

  • 料金プランは月額3,480円の1プランのみで分かりやすい
  • そのまま海外でも利用可能
  • 最短で申込みの翌日から利用可能

料金・エリア・速度制限・安定的な速度といったポケットWiFiに最も必要な要素を最も高いレベルで抑えているのはどんなときもWiFiと言えるでしょう。

-Wi-Fi, どんなときもwifi

Copyright© スマホジェニック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.