mineo 格安SIM

安心の格安スマホ!mineo

2020-10-25

  1. HOME >
  2. mineo >

安心の格安スマホ!mineo

2020-10-25

mineoとは

mineoってなに?
mineoは、関西電力グループのオプテージが提供する格安スマホサービスです。

格安スマホってなに?
格安スマホとは、SIMを入れ替えるだけで携帯料金を格安で使えるサービスのことです。

どのくらい安くなるの?
mineoユーザーの85%以上の方は、月額3,000円未満で利用しています。

今の携帯番号はどうなるの?

お試しもできる!
mineoでは、お試し200MBプランとお試しプリペイドパックが用意されています。
まずは、お試しで通信速度や使い勝手を確かめてから本格的に乗り換えることもできます。

mineoの料金プラン

mineo デュアルコース(音声+データSIM)料金

Aプラン Dプラン Sプラン
500MB 1,310円 1,400円 1,750円
3GB 1,510円 1,600円 1,950円
6GB 2,190円 2,280円 2,630円
10GB 3,130円 3,220円 3,570円
20GB 4,590円 4,680円 5,030円
30GB 6,510円 6,600円 6,950円

mineoのメリット

どのキャリアから乗り換えてもそのまま使える!

mineoは、docomo,au,SoftBankの3つ全ての回線を取り扱っています。そのため、今利用している回線と同じ回線を契約すればSIMロック解除などの面倒な手間なく乗り換えることができます。

ユーザー同士でパケットを分け合える!

mineoには、フリータンクと呼ばれるユーザー同士でパケットの助け合いができます。
繰越期限が切れそうになった余ったパケットをフリータンクに貯めることで他のユーザーはそのパケットを利用することができます。反対に、パケットが足りない時はフリータンクからパケットを利用することができます。
他にも、家族や友達とパケットを分け合えるパケットギフトというサービスをあります。

活発なコミニュティサイト:マイネ王

mineoには独自のコミニュティサイトがあります。コミニュティサイトには、mineoのレビューや掲示板などをはじめとする様々なサービスがあります。
通信が混み合う平日の昼間に利用を控えることで、パケットや1DAYフリーパスを獲得できる「ゆずるね」や他のユーザーが作ったダンジョンを遊んだり、自分でダンジョンを作成してプレイしてもらえる王国ダンジョンもあります。
ただのコミニュティサイトではなく、利用しやすい環境と楽しめるコンテンツも豊富に用意されています。

店舗で初期設定もサポートしてくれる!

mineoでは、WEBからの申込で契約した場合でも店舗に行けば初期設定のサポートをしてもらえます。全国的にサポート店も展開していてどの地域の人でも安心して契約することができます。

mineoのデメリット

店舗が少ない

mineoは、サポート店を全国的に展開はしていますがキャリアやサブキャリアなどに比べると店舗が少ないのも事実です。実際に店舗にいって相談して決めるなどは地域によっては難しいかもしれません。

特化したサービスがない

mineoには、LINEモバイルのSNSフリーやBIGLOBEモバイルのエンタメフリーのような特化したサービスがありません。マイネ王でパケットが増えるようなサービスがありますが、mineoを選ぶ決め手になるには不十分ではないかと思います。
それでも、総合的にみると利用しやすく、ユーザーも多いので安心のブランドではあります。

mineoおすすめ機種

どんな場面でも活躍できる端末:Xperia10 Ⅱ

Xperia10 Ⅱは2020年5月29日に発売にされた約6型フルHD+有機ELを装備したスマホです。防水機能やおサイフケータイも搭載しています。

ソニーモバイル性で、国内でも人気の高いXperiaシリーズです。
背面には6㎜(超広角):約800万画素|26㎜(標準):約1200万画素|52㎜(望遠):約800万画素の3眼カメラも搭載しています。
さらに軽量ボディとバッテリー持ちの良さも魅力です。

カメラ性能抜群、4眼カメラ搭載:OPPO Reno3 A

OPPO Reno3 Aは2020年6月25日に発売された防水・おサイフケータイ対応スマホで一番売れる格安スマホです。

従来機のOPPO Reno Aと比べてゲーム性能は低下しましたが、ROMが64GBから128GBへ倍増、カメラ性能も4800万画素に大幅アップして超広角カメラも搭載、電池持ちは1割ちょっとアップしました。

最近はキャッシュレス決済も流行り始めているので、キャッシュレスのおサイフケータイを使いたい場合は、OPPO Reno3 Aが一番おすすめです。単に防水だけ欲しい場合でもOPPO Reno3 Aのコスパはかなり良いです。

大容量バッテリー搭載:AQUOS sense3 SH-M12

AQUOS sense3は2019年11月に発売された普通性能で電池持ちが超良い防水・おサイフケータイ対応の比較的コンパクトな格安スマホです。

こちらは言わずと知れた国内人気メーカSHARPから出ているスマホです。

AQUOS sense2からsense3になってCPUの処理能力が15%アップ、ゲーム性能で重要なGPUの処理能力は60%アップ、そして電池持ちが約1.4倍にアップしました。

AQUOS sense3は特別なスマホではありませんが、とりあえず普通に使えて、5.5インチなので扱いやすく、落としても壊れにくく、電池持ちが超良いので電池の劣化の心配なく長い間使えます。

コンパクトさを重視する場合におすすめです。

契約までの手続き

「mineo(マイネオ)」は、ドコモ回線とau回線、ソフトバンク回線の3キャリアの回線を利用できる数少ない格安SIMのひとつです。大手通信キャリアに比べて通信料金を安く抑えられることはもちろん、コミュニティサイト「マイネ王」やパケットをシェアできる独自サービスが存在するなど、ユーザー間での助け合いを生み出すことに注力している点も評価されています。

【事前準備】契約前に確認すべき3つのコト

申し込み前に用意しておく物(コト)

申し込みする前に4つのものを準備する必要があります。下記にその4つを紹介するので、申し込みの前には必ず準備しておきましょう。

  1. クレジットカード
  2. メールアドレスと電話番号
  3. 本人確認書類
  4. MNP予約番号

①クレジットカードは、毎月のプラン料金や機種代の支払いに使用します。mineoを利用する際は、必ずクレジットカード支払いを設定する必要があるため、クレジットカードは契約するにあたり必需品となります。

②メールアドレスと電話番号は、申し込みした後のステータスをmineoから都度教えてもらうために設定します。

③本人確認書類は、契約者の情報をmieno側に証明するために必要になります。本人確認書類は、主に免許証やパスポートを利用するのが一般的です。

④MNP予約番号は、新規で申し込む方は必要ありません。他社から電話番号をそのままにして乗り換えたい場合にのみ必要なものです。

参考キャリアから格安SIM(mineo)へ乗り換える
 >ドコモでMNP予約番号の発行方法
 >auでMNP予約番号の発行方法
 >ソフトバンクでMNP予約番号の発行方法

申し込み前に決めておくべきコト


申し込みする前に決めておくべきコトが4つあります。下記にその4つを紹介するので、申し込みの前には必ず決めておきましょう。

  1. 回線の種類
  2. 契約プラン容量
  3. 音声通話機能の有無
  4. 端末の有無

①回線の種類は、どこの通信会社の回線を使うかを選びます。mineoでは、ドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線の3つから選べます。一般的には現在使っている通信会社の回線を用いることが多いです。mienoの場合、選ぶ際に重きを置いているものによって、おすすめの回線は異なってきます。
 プラン料金重視の場合:au回線がおすすめです。
 通信速度重視の場合:ソフトバンク回線がおすすめです。

②契約プラン容量は、月に使える高速データ通信料を何ギガにするかを選びます。よく通信制限きて通信速度がかなり制限されてしまうことがありますが、その通信制限がくるまでに使える通信料の量です。mineoでは、500MB/3GB/6GB/10GB/20GB/30GBの6つから選べます。月々にスマホを利用する量に応じて最適な容量を選ぶことが必要です。

③音声通話機能の有無は、ドコモやau、ソフトバンクのようなキャリアのようにスマホで電話ができるかできないかです。メインのスマホとして利用する場合は、音声通話機能を付帯したほうがいいと思います。音声通話機能は、au回線(Aプラン)で610円/月、ドコモ回線(Dプラン)で700円/月、ソフトバンク回線(Sプラン)で960円/月と利用する回線によって値段が異なるので、音声通話機能を付帯したいが、月額利用料金を抑えたいかたは、au回線(Aプラン)を契約することをおすすめします。

④端末の有無は、今使っているスマホをそのまま使うか、新しいスマホを格安SIMと一緒に購入するかです。今使っているスマホをそのまま使う場合は、格安SIMのみの契約になります。今使っているスマホをそのまま利用することも可能ですが、mineoにて動作確認端末を紹介しているので、そちらを確認してから判断することをおすすめします。最近では、低価格ハイスペック端末のHUAWEI製品も人気なので、この機会に新しい端末を購入するのもよいでしょう。

mineo(マイネオ)

-mineo, 格安SIM

© 2020 スマホジェニック