格安SIM豆知識

家族で契約するならシェアSIM!

更新日:

家族で格安スマホへの移行を考えている方や複数の端末の契約をお考えの方にオトクな情報です!
格安SIMにはシェアSIMというものがあります!
シェアSIMとは、通信容量の契約を1つするだけで、複数のsimを持つ事ができます。
シェアSIMでは契約するSIMカードと別にシェアSIMカードというものがあり、シェアSIMカードは、初期費用と月額料金(貸出料金のようなもの)がかかりますが、それ以外には料金はかかりません。
月額料金は音声SIMでも1000円程度、SMS、データ通信のみならば、もっと安くなります。
つまり、1人に1つずつSIM契約するよりも、安くすることができるのです!

メリット

シェアSIMの最大のメリットとしては、シェアする人数が増えるほど、1人あたりの月額料金を安くすることができるところです!
通信容量の契約は、容量が大きくなるほど1GBあたりの料金は安くなっていきます。
つまり、4人でシェアをする事を考えたとき、4人がばらばらで5GBの契約をするよりもまとめて20GB契約して契約した方が安くなるのです。
通信容量ごとの値段やシェアできる人数(契約できるシェアSIMの枚数)は、会社ごとに違いますが、最大10枚までいけるところもあります!

デメリット

シェアSIMのデメリットとしては、1人が通信量を使用しすぎて通信容量を使い切った場合、全員が通信制限を受けてしまう点です。
4人で20GBの契約をした場合、1人あたり5GBずつなどで分けて制限をかける事ができるならばよいのですが、そのようなサービスはまだないようです。
そのため、1人が動画を見まくって20GB使い切り、全員が通信制限を受けるという事もあるようです。
また、これはスマホ全般にもあるのですが、1日に利用する通信容量にも制限があり、こちらも1人が超えてしまうと全員が通信制限を受けるという会社もあるようです。

おすすめシェアSIM

第1位 BIGLOBE

BIGLOBEの魅力は、シェアSIMの月額料金が安いところです。
データ通信のみのSIMなら200円/月、音声通話SIMでも900円/円とかなりオトクです。SIMの追加可能枚数は4枚までと枚数も多いので、契約人数が多い方には、とてもオススメです!!
また、回線もドコモ回線、au回線があり、SIMごとに選択できるので、シェアSIMで契約しても違う回線にする事も可能です。
また、通信容量も1GB~30GBまであり、通話かけ放題のオプションも追加する事が可能なので、シェアSIMの中でも自由度は高いです。
シェアSIM
出典:
BIGLOBE

第2位 OCN モバイル ONE

OCNモバイルでは、1日あたりの通信容量で契約できるプランがあります。
普通は、通信制限がかかると、次の引き落とし日まで通信制限が続きます。
しかし、日ごとの通信容量であれば、その日が終われば、通信制限も終わるという事になります。毎月通信制限がかかり、何日も通信制限のまま過ごしている人は是非試してみる価値ありだと思います。余った通信容量も、翌日まで繰り越してくれるみたいです。
SIMの最低利用期間も6ヶ月なので、他の会社よりも短いのでお試しに契約もしやすいですね。(最低利用期間は12ヶ月が多い)


第3位 mineo

mineoは、シェアSIMとは違うのですが、通信容量を他人にあげたりもらったりする事ができます。さらに、この通信容量の譲渡を他回線(ドコモ回線からau回線など)のユーザともできるので、家族だけでなく友達や会社内でのシェアも可能です。
また、家族割りや複数回線割りといった同時に契約することで月額50円割引なども用意されています。
また、mineoはドコモ、au、ソフトバンクと全てのキャリアの回線を扱っているため、好きな回線を選べるのはかなりポイントが高いです。(他社はドコモ回線のみが多い)
一人が大容量を契約して、残りの人は小さい容量で契約し、足りなくなったら通信容量を譲渡するようにする事で、家族での契約でも料金を抑える事が可能です。
mineo(マイネオ)

-格安SIM豆知識

Copyright© スマホジェニック , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.