コラム スマホで節約

mvnoとは? | 携帯代を半額に!

更新日:

最近、mvnoという言葉を耳にしませんか?
または、格安スマホ格安SIMなどの言葉で聞く機会の方が多いかもしれません。

mvnoとは、仮装移動体通信事業者の事です。
仮想移動体通信事業者とは、無線通信回線設備を開設・運用せずに、自社ブランドで携帯電話やPHSなどの移動体通信サービスを行う事業者のことである。通信サービスの提供には移動体通信事業者の卸売をうけたり、仮想移動体サービス提供者の機能を利用したりする。(wikipediaより引用)

え??????
これを読んでも分からない人が多いかと思います笑
簡単に言うと、他者(au,docomo,Softbankなど)の通信回線を借りてサービスを提供する事業者のことです。
現在、スマホの契約ができる形態には、大手キャリア、mvnoと2種類あります。
大手キャリアは、au,docomo,softbankといった3大キャリアです。
また、mvnoの中にはサブブランドというものがあります。
サブブランドとは、UQmobile(au) , Y!mobile(softbank)といった大手キャリアが直に運営している形態です。
mvnoは回線をどこのキャリア経由で通信するかを選んで契約をします。
大手キャリアは、もちろんショップなども多く通信速度も早いです。
その分料金も高めですね。
サブブランドは、大手キャリアには劣るものの通信速度はそこそこありつつ、
料金も安い。そしてショップもあるというのが強みかと思います。
何かあったらショップに行って相談できるのは安心感がありますよね。
mvnoは、回線を借りて利用している分、通信速度の面で劣る部分もあります。
しかし、1番魅力は、なんといっても安い!!!
人によっては、携帯料金を、半分以下にする事もできます!

そこで、通信速度など不安な面なども含めて、mvnoのメリット、デメリットなどをまとめてみました。

mvno一覧

UQ mobile

楽天モバイル

BIGLOBEモバイル

LINEモバイル

IIJmio(みおふぉん)

OCN モバイル ONE

U-mobile

エキサイトモバイル

NifMo

イオンモバイル
etc...
このように、多くの会社がmvnoを取り扱っています。
その中でも、楽天やLINE、イオンなど他の分野で大きな収益を持つ企業のmvnoも多くあります。
楽天ならば、楽天ポイントでの還元や月額の支払いなど同企業のサービス内での特典などもあるので、その部分で選ぶのもいいと思います。

デメリット

まずは、デメリットから挙げていきたいと思います。
なぜ、デメリットから挙げるのかというと、、、
普段のスマホの利用の仕方で変わってきますが、人によってはデメリットがない人もいるからです!

長時間電話に不向き

mvnoのデメリットとしてあげられるのは、長時間の電話には向いていないという点です。
かけ放題プランなどもありますが、5分以内や10分以内といった時間の制限があります。
その時間をすぎると30秒ごとに料金が発生するようになります。

しかし!LINE通話など、インターネット電話での通話で問題なければ、電話代がかかりません!
さらに、LINEモバイルなど一部のmvnoでは、通信容量を減らさずにLINE電話を利用できるなどオトクな事もあります。
その点なども、次のメリットとして紹介していきたいと思います。

通信速度の面で劣る

もう1つ挙げられるデメリットは、スマホ利用のピーク時間帯の通信速度が3大キャリアに比べると劣る部分です。
やはり、回線を借りて使用しているため、優先度は下がってしまいます。
しかし、裏を返せばピーク時間以外は今と変わらないという事です!
スマホの利用ピーク時間は主に、通勤時間の8時前後、お昼時の12時〜13時、夜18~19時前後でしょう。
この時間帯に、高画質の動画視聴やアプリのダウンロードする際には、遅さを感じる事があるかもしれません。
mvnoの中には、無線ルーターが、セットで安くなるところも有るみたいなので、
無線ルーターも一緒に持ち歩くなどして通信速度の対処もできます!

メリット

携帯料金の大幅なカット

携帯料金の大幅なカットについては、各会社の料金プランを見ていただいたら一目瞭然かと思います。
各社料金シミュレーターを用意しているので、まずはシミュレーションだけしてみるのも有りでしょう。
LINEモバイルでは、いくらぐらい安くなるのかを何個かの質問でシミュレーションしてくれるので、試しにぜひ!

※シミュレーションは1,2分ほどで出来ます。
使い方次第では、半額以下になる方もいると思います。

利用用途に合わせたプラン

mvnoは、主要SNS使い放題やyoutubeなどの動画見放題オプションなど利用用途に合わせて持つ事も可能です。
ゲーム用や動画視聴用などで、2台目を持つことも可能です。
また、シェアSIMという形で、さらに安い料金で2台目を持つ事も可能です。
シェアSIMは子供用のスマホにもオススメです。
シェアSIMについてはコチラ

-コラム, スマホで節約

Copyright© スマホジェニック , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.