iPhone 格安SIM

iPhone SE(第2世代)が購入できる格安スマホ事業者の人気ランキング

  1. HOME >
  2. iPhone >

iPhone SE(第2世代)が購入できる格安スマホ事業者の人気ランキング


iPhone SE(第2世代)はiPhone8と同じサイズ感でホームボタンが復活したiPhoneとして話題となりました。

さらには、性能の高さとコスパの良さにも定評があります。

今回は、そんなiPhone SE(第2世代)が購入できる格安スマホ(SIM)事業者をランキング形式で紹介していきます。

これからiPhone SE(第2世代)を買おうと思っている人・iPhone12ではなくiPhone SE(第2世代)を検討している人、スマホ料金を安くしたい人はぜひ参考にしてください。

iPhone SE(第2世代)はコスパ最強の端末


まず、iPhone SE(第2世代)のスペックについてみていきましょう。

iPhone SE(第2世代)
ディスプレイ 4.7インチ
本体サイズ 高さ:138.4mm
幅:67.3mm
厚さ:7.3mm
重さ 148g
アウトカメラ 広角:1,200万画素
インカメラ 700万画素
バッテリー iPhone8とほぼ同じバッテリー駆動時間
RAM 3GB(非公式)
ROM 64GB・128GB・256GB
CPU A13 Bionicチップ
OS iOS13
認証 指紋認証
カラー ブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED

iPhone SE(第2世代)はiPhone8/7と全く同じサイズで設計され、ホームボタンも復活しました。

ただし、搭載されているチップはA13 Bionic、iPhone11にも搭載されている最新チップで、CPU・GPUの処理速度の速さはもちろん、バッテリー節約効果も期待されていると言われています。

このような高性能チップが搭載されているため、以前のiPhone8/7ではサイズなどの事情から搭載できなかったポートレート機能が利用できるようになりました。

iPhone SE(第2世代)の価格

次に、iPhone SE(第2世代)の価格についてみていきましょう。

iPhone SE(第2世代) 64GB 128GB 256GB
Apple 通常 49,280円 54,780円 66,800円
詳細 Apple公式サイトを見る

ここ数年で発売されたiPhoneと比べると、最安4万円台で購入できるiPhone SE(第2世代)はかなり安いです。

性能は前述通り「見た目はiPhone8/7、中身はiPhone11」なので、コスパはかなり高いと言えるでしょう。

格安SIMでiPhone SE(第2世代)を使う方法は2つ


格安SIMでiPhone SE(第2世代)を使うことは可能です。

他社のiPhone SE(第2世代)を持ち込んで使うだけでなく、最近は格安スマホ(SIM)事業者で購入できるようにもなりました。

そこで、次の章からiPhone SE(第2世代)が購入できる格安スマホ(SIM)事業者をランキング形式で紹介します。

iPhone SEを格安SIMで使う方法

  • 格安SIMでセット購入する
  • 自分でiPhone SE(第2世代)を用意する

iPhone SE(第2世代)をセット購入する

最近ではiPhone SE(第2世代)を購入できる格安SIMもあり、iPhone SE(第2世代)の購入と回線の契約を同時に行えるようになりました。

これからiPhone SE(第2世代)の購入を検討している人におすすめの方法です。

自分でiPhone SE(第2世代)を用意する

他のキャリアで既にiPhone SE(第2世代)を購入している人やAppleでSIMフリーのiPhone SEが欲しい人は、格安SIMでSIMのみ契約をするという方法があります。

つまり、格安SIMで契約をしたSIMカードを自分が持っているiPhone SE(第2世代)に差し込んで使うという方法です。

既にiPhone SE(第2世代)を持っている人・中古などの別ルートでより安く手に入れたい人におすすめです。

iPhone SE(第2世代)をセット購入できる格安スマホ(SIM)事業者

2020年8月から格安スマホ(SIM)事業者でも順次iPhone SE(第2世代)が取り扱われるようになりました。

ここからは、iPhone SE(第2世代)を購入することができる格安スマホ(SIM)事業者4社について詳しく解説していきます。

1位:BIGLOBEモバイル

まずはBIGLOBEモバイルのプラン料金をみていきましょう。

音声通話SIM   料金  
1GB/月 1,400円
3GB/月 1,600円
6GB/月 2,150円
12GB/月 3,400円
20GB/月 5,200円
30GB/月 7,450円
BIGLOBEでんわアプリ 9円/30秒
10分かけ放題 830円
3分かけ放題 600円
通話パック90 830円
通話パック60 600円
詳細 BIGLOBEモバイル公式サイト

BIGLOBEモバイルには「エンタメフリー・オプション」と呼ばれる、YouTubeやAWAなどの人気動画・音楽アプリの通信量がノーカウントになるオプションがあります。

月額480円かかりますが、動画や音楽で通信量を大量に使っている人であれば通信量が節約できます。

そのため、これまで契約していたプランよりも少ないデータ容量のプランで足りるようになる可能性があります。

動画や音楽アプリのヘビーユーザーにおすすめの格安SIMです。

BIGLOBEモバイルのiPhone SE(第2世代)
容量 64GB 128GB 256GB
価格 46,200円 51,360円 ×
24回払い 1,925円/月 2,140円/月 ×
カラー ブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED

BIGLOBEモバイルのiPhone SE(第2世代)は64GBと128GBの2モデルとなっており、3色から選べます。

BIGLOBEモバイルでiPhone SE(第2世代)をセットで購入すると19,000円相当のポイントがもらえます(当サイト限定特典含む)。

特典を含めると、64GBであれば実質27,200円で購入することができます。

iPhone SE(第2世代)はBIGLOBEモバイルが最も安く購入することができます。

BIGLOBEモバイルのポイント

  • 使えるのはドコモとauの2回線
  • 月額480円で使えるYouTubeなどの通信量がノーカウントになるエンタメフリー・オプション
  • iPhone SE(第2世代)が最安で購入できる

参考 BIGLOBEモバイル最新キャンペーンまとめ|限定特典+最もお得な併用方法!

2位:ワイモバイル

まずはワイモバイルのプラン料金を見ていきましょう。

項目 プランS プランM プランR
基本料金 2,680円 3,680円 4,680円
データ通信量 3GB
→4GB
10GB
→13GB
14GB
→17GB
国内通話 10分以内無料
おうち割 光セット(A)
または
家族割引サービス
(2回線目以降)
-500円
6ヶ月間の月額料金 1,480円 2,480円 3,480円
7ヶ月目からの月額料金 2,180円 3,180円 4,180円
データ増量オプション
(25ヶ月間無料)
500円
3年目以降の月額料金 2,680円 3,680円 4,680円
詳細 ワイモバイル公式サイト

ワイモバイルには3つのプランがあり、それぞれのプランに無料で10分のかけ放題がついています。

2回線目以降、1回線につき500円の割引が適用される「家族割引」やソフトバンク光とセットでお得になる「おうち光 Aセット」などの割引も利用できます。

※併用はできません。

ソフトバンクの回線をソフトバンクと同じ品質で利用できるという大きなメリットがあります。

これは、「通信品質が不安定になる」とされている格安SIMの中で「キャリア並みに使える」と評判です。

ワイモバイルのiPhone SE(第2世代)
容量 64GB 128GB 256GB
価格 57,600円 64,080円 ×
24回払い 2,400円/月 2,670円/月 ×
36回払い 1,600円/月 1,780円/月 ×
カラー ブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED

※オンラインストアで新規・乗り換えに尚且つスマホベーシックプランMまたはRで契約すると、39,600円で購入できます。

ワイモバイルのiPhone SEは64GBと128GBの2モデルとなっており、3色から選べます。

通常の価格はソフトバンクの機種代金と同じですが、オンラインストアで上記の条件を満たして契約すると3万円台で購入できます。

ワイモバイルのポイント

  • プランに10分間のかけ放題が無料でついている
  • 使える回線はソフトバンク・通信品質は大手キャリア並
  • オンラインストア購入で新規・乗り換え+スマホベーシックプランMまたはR契約でiPhone SE(第2世代)が39,600円

3位:UQモバイル

まずはUQモバイルのプラン料金を見ていきましょう。

項目 プランS プランR
基本料金 1,980円 2,980円
データ通信量 3GB
→4GB
10GB
→12GB
UQ家族割適用時 1,480円 2,480円
通話料 20円/30秒
国内通話定額 無し
※オプションで選択可能
詳細 UQモバイル公式サイト

UQモバイルのプランは2種類あり、3GBまたは10GBから選ぶことができます。

また、ワイモバイル同様、2台目以降の回線から500円割引される「UQ家族割」を利用できます。

通話定額は任意でオプション加入する形となり、自分の通話量にあったオプションを3種類から選べます。

au回線を利用することができ、UQモバイルの運営会社はKDDIでもあるので、auとほぼ同じ品質でネットが使えると定評があります。

UQモバイルのiPhone SE(第2世代)
容量 64GB 128GB 256GB
価格 35,640円 47,520円 ×
24回払い 1,485円/月 1,980円/月 ×
36回払い 990円/月 1,320円/月 ×
カラー ブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED

UQモバイルのiPhone SEは64GBと128GBの2モデルとなっており、3色から選べます。

割引後のワイモバイルのiPhone SEより安いので、より安さ、かつ通信品質を求めるのであればUQモバイルがおすすめでしょう。

UQモバイルのポイント

  • 使える回線はau・通信品質はほぼ大手キャリアと同じ
  • 機種代金はワイモバイルより安い

4位:LINEモバイル

まずはLINEモバイルのプラン料金を見ていきましょう。

◉ベーシックプランの料金

SIMタイプ データ容量 基本料金
音声通話SIM 500MB 1,100円
3GB 1,480円
6GB 2,200円
12GB 3,200円
詳細 LINEモバイル公式サイト

◉オプションの料金と対象アプリ

オプション名 月額料金 データフリー機能
対象アプリ
LINEデータフリー +0円 LINE
SNSデータフリー +280円 LINE
Twitter
Facebook
SNS音楽データフリー +480円 LINE
Twitter
Facebook
Instagram
LINE MUSIC
AWA
Spotify

LINEモバイルのサービスで特筆すべきはデータフリーオプションと呼ばれる、特定のアプリの通信量がノーカウントになるサービスです。

SNSアプリや音楽アプリなどの、人気アプリの通信量がカウントされなくなるので、これらのアプリを頻繁に使っている人は通信量の節約効果が期待できます。

LINEモバイルのiPhone SE(第2世代)
容量 64GB 128GB 256GB
価格 46,800円 51,800円 ×
24回払い 1,950円/月 2,158円/月 ×
カラー ブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED

LINEモバイルのiPhone SEは64GBと128GBの2モデルとなっており、3色から選べます。

InstagramなどSNSの使いすぎで毎月通信量に悩まされている人はLINEモバイルがおすすめでしょう。

LINEモバイルのポイント

  • 使える回線はドコモ・au・ソフトバンク
  • 3段から選べるデータ消費ゼロの「データフリー・オプション」

大手キャリアと格安SIMの通信量を比較(※税込価格)

「格安SIMは大手キャリアよりも安い」とよく言われますが、具体的にどの程度安いかわからない人も多いと思います。

この章では、大手3キャリアと格安SIMの代表としてワイモバイルを、割引やオプション、機種代金等一切考慮しない純粋なプラン料金で比較していきます。

ドコモ・au・ソフトバンクの通信料金

ドコモ・au・ソフトバンクでかかる通信料金をプランごとにまとめました。

◉ドコモの通信料金

項目 ギガホ ギガライト
データ量 30GB 0~7GB
料金 7,678円 ~1GB:3,278円
~3GB:4,378円
~5GB:5,478円
~7GB:6,578円
92,136円 ~1GB:39,336円
~3GB:52,536円
~5GB:65,736円
~7GB:78,936円

◉auの通信料金

項目 データMAX ピタットプラン
データ量 使い放題 0~7GB
料金 8,229円 ~1GB:3,278円
~4GB:4,928円
~7GB:6,578円
98,736円 ~1GB:39,336円
~4GB:59,136円
~7GB:78,936円

◉ソフトバンクの通信料金

項目 メリハリプラン ミニフィットプラン
データ量 50GB 0~5GB
料金 8,228円 ~1GB:4,378円
~2GB:6,578円
~5GB:8,228円
年間総額 98,736円 ~1GB:52,536円
~2GB:78,936円
~5GB:98,736円

どのキャリアも大容量の定額プランと従量制プランを2種類取り扱っています。

3GB程度しか使わない人であれば従量制プランがお得ですが、コンスタントに5GBを超えるのであれば定額プランを選んだ方がコスパが良いでしょう。

ワイモバイルの通信料金

一方で、ワイモバイルの通信料金は下記の通りです。

ベーシックプラン S M R
データ量 3GB 10GB 14GB
料金 2,948円 4,048円 5,148円
10分かけ放題 0円
年間総額 35,376円 48,576円 61,776円

大手キャリアと比べて圧倒的に安いのがわかります。

この料金に既に10分間のかけ放題が含まれているというのも嬉しいポイントですね。

ワイモバイルは通信品質も大手キャリア並と言われているので、安さを求めるならワイモバイルに乗り換える方が断然お得です。

ワイモバイルの方が最大4万円お得!

次に、なるべく近い通信量でそれぞれの料金を比較してみました。

項目 年間総額
ドコモ(3GB) 52,536円
au(4GB) 59,136円
ソフトバンク(3GB) 78,936円
ワイモバイル(3GB) 35,376円

結果、ワイモバイルの方が大手キャリアよりも最大4万円お得になることがわかりました。

通信品質も大手キャリアと同じなので、料金を安くしたい人はワイモバイルに乗り換えることをおすすめします。

格安SIMでiPhone SE(第2世代)をお得に使おう!


最後に、iPhone SE(第2世代)を販売するおすすめ格安スマホ(SIM)事業者をまとめます。

これまでは、他社で購入するなど自分でiPhone SEを用意しないと格安SIMで使うことができませんでした。

しかし、ワイモバイルやUQモバイルなどの格安SIMでもiPhone SEが買えるようになったので、これからiPhone SEを購入しようとしている人は格安SIMで回線と機種の同時契約が可能となります。

格安SIMの方が大手キャリアよりも通信料がかなり安くなる可能性があります。

スマホの料金を安くしたいという人にも格安SIMでiPhone SEを利用することをおすすめします。

-iPhone, 格安SIM

© 2020 スマホジェニック